RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
愛するということ
愛するということ (JUGEMレビュー »)
鈴木 晶, Erich Fromm, エーリッヒ・フロム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

教員ドットコム 教育関連おすすめレビュー


様々な方面で活躍されているメンターの方のお話を紹介していきます。

<< 限界を突破する「学ぶ技術」 | main | 段取り力 齋藤孝 >>
「できる人」はどこがちがうのか 斎藤孝
0
    ■今日のメンター
    ■「できる人」はどこがちがうのか
    ■齋藤 孝
    ■著者紹介
    1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科学校教育学
    専攻博士課程等を経て、現在は明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、
    コミュニケーション技法。主な著書に『声に出して読みたい日本語』(草思社、
    毎日出版文化賞特別賞)、『身体感覚を取り戻す』(NHKブックス、新潮学芸賞)など。


    【1】
    日本語の「できる人」や「アイツはできる」というときの「できる」は、
    狭い領域での能力を指すものではない。特定の領域に限らず、
    「どの社会でも、できる人」のことを意味する。

    ではどうすれば、どの社会でも、「できる」ようになれるのだろうか。
    たしかに「できる人」の多くは、天賦の才能の持ち主であるのは否めないだろう。
    しかし、その「できる人」に共通する才能とはいったいどんな能力だろう。

    結論から言うと、「上達の普遍的な論理」を持つこと、どこの社会に行っても、
    そこで「上達のプロセスを見通してやっていくこと」のできる力のことである。

    【2】
    「上達の普遍的な論理」とは、「基本的な3つの力」を技を活用しながら、
    「自分のスタイルを作り上げていく」ということである。

    この力を身につけることにより、初めてのことでも自信を持って取り組めたり、
    困難でも達成できる信念があるため精神的に強くなる。また、見通しを持つことで、
    消費されるエネルギーがまったくことなってくる。

    そして、何より、自分なりのスタイルを確立していくことは、自分らしさにも
    つながる。「自分らしさ」を気づいていくことは楽しいし、やりがいもある。

    【3】
    「基本的な3つの力」は、「まねる力」、「段取り力」、「コメント力」である。

    「まねる力」では、うまい人のやることをよく見て、その技ををまねて盗む。
    これは単なる模倣ではなく、本質的なものをいかに認識するかにかかっている。

    「段取り力」は、個人の作業である以上に、数人がかかわる場をクリエイティブに
    する力である。一人で考えたり悩んだりしていていてはうまくいかない。
    成果を倍増させるためには、場をクリエイティブにする段取力が不可欠である。

    「コメント力」は、要約して発表する力に限らず、他の人に対して質問やコメントまでが
    できる力までを言う。

    【4】
    上達の秘訣は、「スタイルの確立」にある。その最も大きな理由は、人は習慣の集積であり、
    そうした習慣の集積やあるいは癖といったものから逃れることはできない。そこで、それを
    基盤に自分の得意技を仕上げていくことが、現実的で効率が良い方法になるからである。

    一流の仕事の仕方には、その人独自のスタイルがあることが多い。はじめのうちは、
    基礎的な技術をマスターする必要がある。その上で、他に抜きんでた仕事を為すためには、
    自分の得意技を持ち、自分らしさが発揮できるスタイルの確立が大きな課題となる。

    【5】
    「できる人」は、「どの社会でもできる人」のことを言う。
    これはある領域の領域の上達方法ではなく、領域と領域の間を「またぎ越すもの」である。

    スポーツをすることと勉強をすることと仕事をすることは、基本的に同じ論理で捉えられる。
    「またぎ越すヴィジョン」を持つとき、同じ事柄でもまったく意味が変わってくる。

    基本的な力を身につけ、スタイルを磨き、そして「またぎ越す」コンセプトを持つことが、
    「できる人」の「上達の秘訣」である。


    ■選書コメント

    今週は齋藤孝先生特集です。

    本書は、「声に出して読みたい日本語(草思社)」以前に発刊されたので、
    ご存じない人も多いかと思います。が、メジャーデビューの前です。
    一節一節に、齋藤孝先生の考えや、教育や社会に対する思いがこめられています。

    「3つの力」に関しての入門書は、「子どもに伝えたい<三つの力>」NHKブックスが
    お勧めです。また、現在は、それぞれ「段取り力」筑摩書房、「コメント力」筑摩書房等も
    出版されています。スタイルに関する本も数多く出版されています。

    本書のキーワード、は「スタイル」と「上達」ですが。これらは相互に関連しています。
    スタイルがあることで、上達する。上達する中で、スタイルが磨かれていきます。

    サンチャゴのスタイルは・・・、まずは3つの力から始めます。
    | 齋藤孝 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://gokaku.kyoin.com/trackback/25406