RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
愛するということ
愛するということ (JUGEMレビュー »)
鈴木 晶, Erich Fromm, エーリッヒ・フロム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

教員ドットコム 教育関連おすすめレビュー


様々な方面で活躍されているメンターの方のお話を紹介していきます。

<< プロフェッショナルの条件 | main | 日本の教師に伝えたいこと >>
新編 教えるということ
0
    ■今日のメンター
    ■新編教えるということ
    ■大村 はま
    ■ちくま学芸文庫
    ■著者紹介
    1906年、横浜生まれ。1928年、東京女子大学卒業後、国語科教師として長野県の諏訪高等女学校に赴任。1947年、新制中学の教師に転出し、以来、単元学習など数多くのユニークで実践的な指導を重ねる。2005年没。



    【1】 批判家である前に

    たとえ事前指導をしたとしても、「書け」と言って書けない子がいることは、教師の失敗ではないでしょうか。子どもは、途中で教えなければ書けません。それなのに、書く時には黙って書かせてしまって、それから「これは下手だ、これは上手だ」と言う。指導者ではなく、批判家です。

    私たちは、批判家の前に指導者なのです。下手な文章が出ないようにするのが指導者だったはずです。手伝った作品は、その子の作品ではないというかもしれません。でも、作品としてどこかへ発表するのではないのです。ひとりで書けるようになるための指導法の1つなのです。

    私たちは教師という専門職についているのです。それは、なんにも書けなかった子どもを書けるようにする職業なのです。教師がついていながら、「書け」と言われても書けない子がいたとしましたら、それでいったい、なんの面目あっての教師でしょうか。そんな職業はどこにあるのかと思います。


    【2】 無責任な教師

    一生懸命にやりましたけれども、というのは、非常に甘えたことばです。一生懸命やるのは、人間一人前ならあたりまえのことで、怠けてやられてはたまったものではない。ところが、教師だけはよくまあ言うと思います。「一生懸命指導しましたけれど、お宅のお子さん、どうもうまくおできになりません」

    うまくいかない責任は自分でとるべきであって、相手が勉強しないなどと、そんなこと言えるものではありません。相手の責任にできる職業なんてないのです。

    もちろん会社の仕事と人間を育てる仕事とは多少違うでしょう。でも、「違う」と見てくれるのは世間であって、教師自身が自分から言うことなどは私は戒めたいと思います。


    【3】 専門職としての実力

    私たちは生徒に何も求めるべきでないと思います。一生懸命教えてやれば子どもはできるようになるなんて思ったら、よほど甘いと思います。そんなにうまくはできていません。世の中の仕事が、一生懸命やれば何でも上手くいくなんて、そんなこと、みなさんはお考えにならないでしょう。

    子どもがかわいいのであれば、子どもをとにかく少しでもよくしていける、教師という職業人としての技術、専門職としての実力をもつこと、子どもをほんとうにかわいがる、幸せにする方法は、そのほかにはないと思います。遊んでやるのも、頭をなでてやるのもよい、しかしそれらは二次的なことです。

    専門家としての実力とは、自分の研究の成果、すぐれた指導の実力によって、子どもをほんとうにみがきあげることです。つまり、しっかり教えられなければ、頭をなでても、いっしょに遊んでやっても、それはたいした値うちをもたないのだと思います。


    【4】 職業人としての技術

    文章を書く力をつけたいと考えます。「日記を毎日つけてごらん」「もっと一生懸命周囲を見て」そういう指示、それは素人でもいえることです。子どもに指示する、命令する、そういったようなことは、あまり先生の言うことばとして価値あることばではないのではないか。

    命令すればやると思ったりするところが、甘さで、命令がでても、その通りにやる人やれる人が何人教室にいるでしょうか。やらないのはその生徒が悪いのだと言ってしまっては、本職を放棄したことになります。言ってもやらない人をやらせることが、こちらの技術なのですから。

    書く練習では、まず書き表したいことを心にもたせることです。書くことが胸からあふれそうな状態を子どもにつくる。そういう気持ちにさせるのは、専門職の教師でないとなかなかできません。このように、教育の専門家として、このことをしていると言える、確かなものをもつ教師になりたいと思います。




    ■選書コメント

    今週のメンターは、大村はま先生です。

    本書は、4つの講演記録が収録された1冊で、大村先生の代表作の1冊です。プロ教師としてあるべき姿、教育に取り組む姿勢について、きびしくかつ温かく語りかけてきます。

    講演録には「教えるということ」のほかに、「教師の仕事」、「教室に魅力を」、「若いときにしておいてよかったと思うこと」があり、特に若い先生向けに編集されています。

    試験を終え、一段落した今、この本で一度エネルギーチャージをされてみてはいかがでしょうか。


    新編 教えるということ


    | 大村はま | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://gokaku.kyoin.com/trackback/424999