RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
愛するということ
愛するということ (JUGEMレビュー »)
鈴木 晶, Erich Fromm, エーリッヒ・フロム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

教員ドットコム 教育関連おすすめレビュー


様々な方面で活躍されているメンターの方のお話を紹介していきます。

<< 教えることの復権 | main | 教師 大村はま96歳の仕事 >>
新編 教室をいきいきと1,2
0
    ■今日のメンター
    ■新編 教室をいきいきと1,2
    ■大村 はま
    ■ちくま学芸文庫
    ■著者紹介
    1906年、横浜生まれ。1928年、東京女子大学卒業後、国語科教師として長野県の諏訪高等女学校に赴任。1947年、新制中学の教師に転出し、以来、単元学習など数多くのユニークで実践的な指導を重ねる。2005年没。



    【1】 いきいきとした教室

    今、教育の問題がいろいろ起こっていますが、これを本当に解決するのは、何よりも、教室をすばらしい魅力的なものにすることだと思います。毎日毎日、子どもたちがそれぞれに自分の成長を自覚できる教室であったら、その魅力に引かれて教室に帰り、いきいきとしてくるのではないでしょうか。

    私は、少年が、物事に打ち込めないでうつろな顔をしていると、いたたまれなくなるのです。何もせず、困った子だなという気持ちで傍観していることがとてもできないのです。ただ夢中で、そのとき持っている知恵、力を尽くして、とにかく何かいきいきと学習に打ち込めるようにしました。

    ほかにもしなければならないことはたくさんありますが、専門に学ぶ場所としてできた教室、そこでの学習が最大の魅力をもつようにならなければならない。いきいきとした教室は、実に些細なことが積もって出来上がっていくもののようです。小さな心づかいや工夫で教室は変わってくるのです。


    【2】 子どもの姿を知るのが第一

    子どもを知るということ、子ども自身より深く知るということ、親をも超えて子どもを知るということ、これがまず教師として第一のことでしょう。子どもを愛すること、信頼することを第一に挙げる方もありますが、それも「知る」ということと共にあることと思います。

    子どもを知るために、アンケート風の調査の工夫があります。ある目的に役立つものではありましょうが、教師の仕事には、ほとんど役立てられないものでしょう。いっしょに遊ぶことで見せるその「人間」にももちろん限界があるでしょう。個人面接では、子どもの答えは最小限の話になってしまいます。

    子どもは、尋ねられたことへの答という形では、ほんとうのことは話せないものだと思います。教師のほうが身辺雑話でいろいろの小話をするといいのです。ふんわりとやわらかな雰囲気が漂ってきたとき、子どもがふわっと口を開きます。本音は、自分から口を開いたことば、そういう中でこそ聞けるものだと思います。


    【3】 教室をしつける

    教室には、非常に引き締まった気分を作る工夫をしないといけないと思っています。固いものでも怖いのでもないのですけれども、きりっと締まっている、そういう気分を作りたいと思いました。子どもは、固い、怖い気分はもちろんですが、たるんだ気分も意外なほど嫌いなものです。

    たとえば、プリントを配る。こういうことは締まらせる、ぴりっとさせるいいチャンスです。きりっと立ってさっさと取る。立つ練習もしました。自分のことは自分でやり、人に聞かない。うるさいおせっかいを焼かせない。「世話を焼くのは親切でもなんでもない、余計なこと無礼なことだ」と話をしていきます。

    「読書生活の記録」を綴じる作業は、手間のかかることで一時間必要になってしまいます。休みの時間にやるとはいかないのです。そうなると、この作業はただの作業になり、学力から離れたものになってしまいます。しつけを、その時することができれば、ちっともむだでないと思っています。


    【4】 思うようにならなくて当たり前

    自分の思うようにならないとか、いくら教えても成果が上がらないとか、そういうことに教師は驚かないようにしたいと思います。あれだけ教えたのにこんなだ・・・そういう失望の仕方が、教師の場合、少し大きいように思います。それで腹が立ったり悲観したりいろいろなことが起こるのです。

    教えたことは全員が必ず同時に、心から受け取ってできるようになる、それが当たり前と教師は思っているところがあります。できなくて当たり前で、驚くほうがおかしいのではないでしょうか。用意、ドン!で厳密に同じ瞬間に出発させても、みんな力いっぱい走っても、ゴールインはまちまちでしょう。

    もっと、人、人の世というもの、そういうものを本気で大きく見て、そこでは多くの努力がどんなにむなしく消え去っていくものか、報われることはいかに少ないかということを覚悟して、そんなことで自分を失わないようにならないと、人の子を育てるのことはむずかしいのではないでしょうか。


    ■選書コメント

    今週のメンターは、大村はま先生です。

    本書は、授業運営、教室運営の具体的な工夫が満載にある実践的な教育書です。子どもたちにするお話の種、教室での小道具のこと、資料や教科書の使い方から、グループ学習や、テスト、指導案まで、本当の教育者になるために教師はどうしたらいいのか。といった、大村メソッドが1,2の2冊の中で50以上掲載されています。実践派を求める方にはこちらがおすすめ。

    1冊1,000円+税で、文庫にしてはやや高いですが、内容的には教育実践所数冊分が収録されているのと同じで、とてもお得な1冊です。他にあげた理論編の本だけでなく、この実践中心の本書でも、大村節は健在です。

    教育力の底上げを担う一冊です。

    新編 教室をいきいきと〈1〉

    | 大村はま | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://gokaku.kyoin.com/trackback/427242