RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
愛するということ
愛するということ (JUGEMレビュー »)
鈴木 晶, Erich Fromm, エーリッヒ・フロム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

教員ドットコム 教育関連おすすめレビュー


様々な方面で活躍されているメンターの方のお話を紹介していきます。

<< 新編 教室をいきいきと1,2 | main | 授業の腕をあげる法則 >>
教師 大村はま96歳の仕事
0
    ■今日のメンター
    ■教師 大村はま96歳の仕事
    ■大村 はま
    ■小学館
    ■著者紹介
    1906年、横浜生まれ。1928年、東京女子大学卒業後、国語科教師として長野県の諏訪高等女学校に赴任。1947年、新制中学の教師に転出し、以来、単元学習など数多くのユニークで実践的な指導を重ねる。2005年没。

    【1】 問題を出すときに、考えること

    評価は教師にとりましては、これから子どもをどんなふうに指導していったらいいか、その「指針」を得ることである。一方、子どもにとりましては、自分自身がこれからどんなふうに勉強していったらいいか、それをしっかり持つこと、自分に対する指針を持つこと、評価とはこの2つです。

    教師によっては、間違ったものを指導するときのやり方がじつに簡単で、何もしない人もありました。私は「指針を得る」という立場にたって、間違える人の心理や、またどういうふうな普段の勉強の仕方のマイナスからそういうことが起こっているのか、それを一生懸命説明しております。

    試験に出したときに、それが何を背負って、どの力を試すために出題されているのかという見方が足りないと思います。何も背負っていないのだったら、それを問題に取り上げることはばかばかしい話です。何も考えていない、何も知り得ない、そういう試し方というのはないと思うんですよね。


    【2】 子どもの心を開くお話

    よく「子どもと話す」と言いますけど、教師なり親なりが、こちらから話したいことがあって話すことは、ほとんど効果がないものなのです。教師でもそれがわかっていない人もあって、よく聞いていなさいって言えば聞いているものだと、思っている方があるようですね。まずないと思ったほうがいいです。

    大勢を相手にして話している話は、ほとんど相手の心を開くことはできない。話が上手にできるのは、相手の心をよーく受け取れる人だけなんですね。そうでないと、子どもの心には染み込みません。心を通い合わせていないという間柄では、どういうくふうをしてもうまくいかないと、私は思っています。

    そして、話題をたくさん持っていることが必要です。いろいろなお話を胸に持っている、自分が話したい話、親や教師のほうが、誰かに話してみたいと思っている、そういう話が一番いい話なんじゃないでしょうか。自分が感動した話というか、本当に話ししたいことを話します。


    【3】 言葉の貧しさを憂える

    「悪い言葉」は子どものころ使っていたとしても、大人になって大恥かいてひどい目に会って、自分で引っ込めます。敬語であってもなんであっても、子ども自身が赤恥かいて、「こりゃいかん」と、自分で勉強していくでしょう。

    今は、言葉悪いというよりも、貧弱だと思います。例えば、「運動会の準備」というとき、「運動会に備えて」とか「運動会を控えて」といろいろ使ってくださればいいのです。毎日、「準備」という言葉一つだと、言葉が貧しくなってくるでしょう。教師が豊かに言葉を使っているということが大切ですね。

    知っている言葉の数が少ないし、表現も知らない。ここが教育の責任だと思います。言葉が貧しいということです。言葉が貧しいってことは、結局人間の貧弱さではないかと思います。言葉が豊かに使えるということは、何はともあれ、豊かで、こまやかで人間らしいということではないでしょうか。


    【4】 子どもに力をつけること

    教師は、聞く、話す、読む、書くの達人でないと困ります。先生のそばへ行ってれば、なんとなく楽しかったという経験が始終ないと。自分のことを「口下手で」なんて挨拶されるような先生は大嫌いです。教師の資格はありません。本当にそう思っているんだったら辞めるなり、勉強するなりしなさい。

    学力がつかないことは、学校ではやらないようにしないと困ります。「好き」「やりたいと言いましたから」では困るのです。当たり前すぎることです。授業でしょう。そして月給を貰って教師をしてるのだから、学力をつけるのが仕事、職業なのだから。子どものためになるか、確かめなくてはいけません。

    そしてやっぱり単元(授業)を考えるときには、国が幸せになること、平和になること、少しでも豊かになることを考えていきたいものです。それを忘れては、言葉が離れていってしまう、言葉うつろになってしまうものです。



    ■選書コメント

    今週のメンターは、大村はま先生です。

    大村先生が96歳になって教育を見つめ直したときに、伝えておきたいことをまとめたのが本書です。96歳のときの講演が収録されています。

    約20分間の講演も付録のCDで聞くことができます。大村節は講演ではいよいよ盛んで、身を抓む思いでききいりました。今は亡き大村先生からのメッセージとして心にとどめておこうと思います。



    | 大村はま | 21:21 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    大村はまの99年に及ぶ人生の光と影を、その教え子が描き出した『評伝大村はま ことばを育て 人を育て』が小学館から刊行されました。著者/苅谷夏子さんは、『教える古都の復権』の共著者でもあります。
    すぐれた実践を生み出したバックボーンを、両親のルーツや小学校時代の作文からさぐり、すぐれているが故に受けた軋轢もえぐり出します。信念と情熱の人、孤高の人、明治生まれの女性の気骨をぜひ読んでください。
    | みかたようこ | 2010/08/20 10:07 AM |










    http://gokaku.kyoin.com/trackback/427587