RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
愛するということ
愛するということ (JUGEMレビュー »)
鈴木 晶, Erich Fromm, エーリッヒ・フロム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

教員ドットコム 教育関連おすすめレビュー


様々な方面で活躍されているメンターの方のお話を紹介していきます。

<< いじめの構造を破壊せよ | main | 『読み・書き・計算』で学力再生 >>
続・授業の腕をあげる法則
0
    ■今日のメンター
    ■続・授業の腕をあげる法則
    ■向山 洋一
    ■明治図書
    ■著者紹介
    1943年東京生まれ。東京学芸大学社会科卒業。NHK「クイズ面白ゼミナール」教科書問題作成委員に任じられるなど幅広い活動を行っている。TOSS(教育技術法則化運動)代表。


    【1】 技術の進後退

    教師修行の基本は「授業の腕をあげる」ことであり、「授業の腕をあげる」ことの中心は教材内容の研究と共に、「子どもが動く発問、指示」を見つけることである。しかし、これは、自分の力でなかなか見つけれられるものではない。

    だから、教育書、教育雑誌を読むのである。「子どもが動く発問・指示」を使って授業をしてみると確かに子どもは動く。今までの授業と変わる。そこから、新しい成長が始まるのである。

    私は、本を読まない教師は駄目だと思う。医師と比べればわかるだろう。「私は医学の本を読みません。患者をじっくり見て治療していきます」と言う医師に命を預けられるだろうか。じっくり見るのは当然なのである。問題なのは、最新の勉強をしているということである。これは、当然の義務だ。


    【2】 あいさつは自分からせよ

    よく「この学校の子どもはあいさつをしない」という教師がいる。それは、その教師が悪い。自分が悪いのに他人の責任にしている。教師の方からあいさつをするうちに子どもの方からあいさつをするようになる。しない子どもには十度でも二十度でも声をかければよい。それが教師の仕事である。

    同僚にあいさつをするのも当然だろう。私は毎年、年末・年始には給食室、主事室、事務室へあいさつへいく。一年間、お世話になったことのお礼である。このようなささいなことが、私の教室での仕事をさせていくための力になっている。

    教師の仕事とは「教える」ことだけではうまくいかない。相手を包み込むようなことも大切なのである。挨拶は第一歩の心の交流なのである。これが作れないようでは教育は始まらない。


    【3】 思いつき的方法では子どもは伸びない

    「逆上がりができない子を指導する時、どのように言いますか」『足を思い切りけり上げなさいといいます』「足を思いきりけり上げなさいという指導方法は、何十年ぐらいの歴史があって、何パーセントくらいの効果があるのですか」若い先生は、黙りこんでしまった。

    教師が、普段やっている指導方法なんてこんなものなのです。思いつき程度なのです。だから、効果もまるで分からないのです。効果があるかどうかわからない方法を、しかも素人でもすぐ思いつくような方法を、教師はやっているのです。

    日本中の教師でこのようなことを考えた人は、ごくごく少数だと思う。だから「思いつき」程度のことが「教育技術」として通用しているのである。もちろん、初めはどの技術も思いつきである。それはそれでいい。しかし、仕事の技術・方法、仕事の文化・長さについても考えるのはプロなら当然である。


    【4】 わからない時は自分から教えてもらえ

    児童・生徒・学生なら教師の方が教えてくれる。しかし、仕事につけば話はちがう。誰も教えてくれない。教えてもらいたければ、自分から行くのです。

    「どこを直したらいいでしょうか、教えてください」と言えば、一つ二つは話をしてくれる。その通りと思うこともあるし、ちがうなと思うこともある。礼を言ってその場を辞す。十回、二十回とためていく。その時はわからなくても、やがて理解できることがある。こうして、腕が上達していく。

    「子どもの悪口を言う教師」「責任を他のことに転嫁する教師」「本を読まない教師」なら、あまりつきあわなくてもいい。だが、すばらしい教師なら何度聞いてもあきることがない。どんな学校にも、尊敬できる教師が一人ぐらいいるものだ。そういう人なら、しつこいくらいに教えてもらうことだ。


    続・授業の腕をあげる法則 教育新書 11


    | 向山洋一 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://gokaku.kyoin.com/trackback/433175