RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
愛するということ
愛するということ (JUGEMレビュー »)
鈴木 晶, Erich Fromm, エーリッヒ・フロム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

教員ドットコム 教育関連おすすめレビュー


様々な方面で活躍されているメンターの方のお話を紹介していきます。

<< 学力はこうして伸ばす! | main | 学力の新しいルール >>
学力は家庭で伸びる
0
    ■今日のメンター
    ■学力は家庭で伸びる
    ■陰山 英男
    ■小学館
    ■著者紹介
    1958年兵庫県生まれ。1980年岡山大学法学部卒業。1989年4月より兵庫県朝来町立山口小学校教諭。着任直後より生活習慣の改善と『読み書き計算』の反復練習を二本の柱として学力向上にとりくむ。2003年1月、「学校裁量権の拡大」の研究校として指定された広島県尾道市立土堂小学校の校長に公募から選ばれ、4月就任。カリキュラム編成から学校づくりにとりくむ。同小では、全校生徒の平均偏差値が2年間で52から59まであがるなど、著しい成果をみせている。


    【1】 学力は人間の総力戦

    子供時代を犠牲にし、時には心身の健康を害してまでやらなければならない勉強は、絶対に間違っていると声を大にして言いたいです。健康的な生活と基礎基本の学習、そして集中力を身につければ、夜中まで勉強しなくても大学に入れるのです。

    学力とは、机に長時間向かってさえいればつくようなものではないのです。体験も大事です。感動したり、不思議と思ったり、探究心、壁を乗り越えていける力、すべてが学力に含まれます。いわば、総力戦です。その総力戦を支えているのが、集中力です。

    だらだらと長時間勉強をし続けていては、肝心なときに集中力を発揮できなくなってしまいます。そして、その集中力は、元気だからこそ発揮できるのです。親は「勉強しなさい」と言うよりも、子供が元気に毎日を送れるように気を配ることのほうが、はるかに大切なのです。


    【2】 あいさつができる子は友達が多い

    子供の顔を見れば、だいたい何を考えているかわかるのです。口にださなくてもちゃんと顔に書いてあります。私が、子育てに理屈はいらない、いちばん大切なのは子供をよく見ることだ、と主張するのもそこなんです。「ただいま」の声が聞こえたら、顔を見て「お帰り」と迎えてあげてください。

    また、あいさつはコミュニケーションの第一歩です。声に出すからこそ伝わるんです。朝、登校する子供を「いってらっしゃい」と元気に送り出してあげてください。きちんとあいさつのできるほど情緒が安定していて、成績がよい場合が多いです。人に好かれ友人もたくさんいます。

    気力、体力、さらにコミュニケーション能力のどれかひとつ欠けても、元気にあいさつすることはできません。あいさつは子供の元気のバロメーターと言ってもいいかもしれませんね。


    【3】 本を通して親の価値観を伝える

    私は「子供にテレビを長時間見せてはいけない」と主張し続けています。それは、子供たちに落ち着きがなくなり、授業に集中できなくなるからです。なぜ、子供たちはそんなにテレビを見るのでしょうか。理由は簡単、テレビ以上に興味を引くもの、刺激を受けるものが家庭にないからです。

    テレビよりもおもしろいものがあることを、ぜひ子供に教えてあげてください。そのひとつが本です。時間を忘れるほどおもしろい本に出合えると、子供はテレビを見る暇があるのだったら、本を読もうという気になります。毎日30分間、3年続けるとたいていの子供は本が好きになるものです。

    ぜひご自身が学生時代に感銘を受けた本を、すすめてみてください。毎日の生活の中で、親の価値観や人生観といった話はなかなかできませんが、本を通じてなら伝えられます。子供が共感することもあるでしょう。私は特に父親は人生観を伝えるべきだと考えます。本はその最良の手段なのです。


    【4】 壁にぶつかっても手をかさない

    「将来、受験で子供に苦労させたくないから、大学までエスカレーター式の学校に入れたい」という母親の話を聞いて、私は首を傾げたくなったことがあります。私立に入れることがいけないとは言いません。しかし「子供に苦労をさせたくないから」という理由には賛成できません。

    勉強にストレスはつきものです。わからないことがわかるようになるために勉強をするのです。子供にストレスがあるのは当然のことです。苦労や、悩みがあっていいのです。子供はそれを乗り越えて成長するのです。問題はそのストレスや悩みの程度を知り、親が寄り添い、一緒に悩めるかです。

    ストレスも悩みもなく大人になった人なんていません。私たち自身を振り返ってみてください。なとか乗り越えてきたではないですか。ストレスに打ち勝つ力をつけるチャンスを親が奪ってはいけないのです。





    ■選書コメント

    今週のメンター陰山英男先生です。

    本書は家庭でできる41の陰山メソッドが紹介されています。陰山先生はもともとは一教諭の立場のため、対教師向けよりも、対家庭向けの内容のものが多かったです。その決定版がこちらです。

    社会の変化に伴い家庭の求心力が低下してきており、いわゆる家庭での教育力が低下してきています。忙しすぎたり、逆に情報過多のため不安になったりと家庭の教育に方針が持てないということもあるかと思います。

    この本では41種類の提案がなされているので、1つ、2つでも興味のあるもの、できそうなものから順次取り組んでいけます。さらにその一つひとつの提案に、陰山先生の思いやねらいも詳しく述べられているので単純なハウツー本ではないという魅力もある一冊です。


    | 陰山英男 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://gokaku.kyoin.com/trackback/435803