RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
愛するということ
愛するということ (JUGEMレビュー »)
鈴木 晶, Erich Fromm, エーリッヒ・フロム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

教員ドットコム 教育関連おすすめレビュー


様々な方面で活躍されているメンターの方のお話を紹介していきます。

<< ツイてる! | main | 「ツイてる!」ということ >>
本調子
0
    ■今日のメンター
    ■本調子
    ■斎藤 一人 他
    ■総合法令
    ■著者紹介
    「スリムドカン」などのヒット商品でおなじみの『銀座まるかん』創設者。1993年以来、毎年、全国高額納税者番付(総合)10位以内にただひとり連続ランクインし、2003年には累計納税額で日本一になる。また、土地売却や株式公開などによる、高額納税者がほとんどを占めるなか、すべて事業所得によるものという異色の存在で、連続「実質1位」ともいえる。


    【1】 本を読むのが当たり前

    利口になるってことは、「自分がバカだ」って気がつくことなんですよ。そして、自分がバカだって気づいたとき、人はだいたい利口になっているものなんです。ところが人は、自分がバカなんだってことになかなか気がつけない。

    そこで本を読んだりして知ったことを、頭をゆすってゆすって、頭の中の下のほうへ下のほうへ落とし込んでいくんです。そうすると隙間ができてくるから、そこにまた本を読んで知恵を入れるんだ。それが読書ってもんなんだよね。

    本っていうのはたいがいが偉くなった人とか、出世した人とか、そういう「何か」があるから本になるんです。普通じゃうまくいったコツなんか、なかなか教えてくれないよ。それを、とんでもなく成功した人が、一生懸命一生懸命、どうやったらわかってもらえるかと思って、書いているんだよ。


    【2】 学校は、本を好きにさせることをしましょう

    私なんか本をすすめるときは、まず3冊か4冊、本が好きになる本を読みなって言うんだよ。だって、この人にこの本を読ませたらいいなって思ってても、本を読む習慣がない人には、本はすすめられないんだよね。

    そりゃ私だって、何でここから始めなきゃいけないんだろうなって思うんだよ。本当は、学校にいるときに本が好きでしょうがなくなるようなことを学校で教えてほしんですよ。ところが学校って、本嫌いにさせといて、本を読めっていうところが多いでしょ。

    まず先に先生に本読んでほしいよね。自分では読まないのに、世界文学全集を持ってきたりするのは、やめたほうがいい。そんな本、今どき誰か読んでますか?自分では読んだんですか?自分がやらないことを人にやらせるのはやめなって。人に言うときは「まず自分でやる」。これ社会の掟です。


    【3】 ちょいとで差がでる時代の読書

    本を読まなきゃ何もわかりません。テレビ、ラジオっていうのは一般に合わせてるんだよね。あれは常識でやってるんだ。だけど、社会に出るようになったらんだったら、常識より、ちょいと先を知ってるようにならなきゃだめなんだ。ちょと知ってる。これが大差を生んじゃう時代なんだよ。

    それと、本っていうのは万人に向かって書くものだから、あなたのために書いてるってことはほtんどないんだよね。だから本を読んでみて、一個でも、一行でも心に残るものがあれば本を良しとしなきゃいけない。本に対しての期待度も多すぎる。今の世の中に千円でいろいろ望むことは欲が深い。

    「齋藤さんはどこから情報を得るんですか?」って聞かれるんです。どこかに情報があると思っている人がいるんだけど、人が知っちゃているものは情報と言わないんだよね。多方面にわたっていろんな本を読んだりしながら頭を研ぎ澄ましていると、絶妙な直感のようなものが生まれてくるんです。


    【4】 的をしぼって読みましょう

    「成功する人としない人の明らかなちがいって何ですか?」ってよく聞かれるんですけが、成功しない人は自分に関係ないものに一生懸命になるんですよ。読書って言ったて、経営者が推理小説をず〜っと読んでいたってためにならないんだよ。要するに、自分に関係のある本を読むんです。

    「資格は取ったほうがいいですか?」仕事の役に立つ資格ならいいんだよ。でも何の役にも立たない資格をとってたって金がなくなるだけ、気休めだからよしなって。普通の人は役に立たないことに興味があるんだよ。そいうので「好きなことやってたら成功するよ」ってことは絶対ないんです。

    自分の仕事に関係のないことばっかしに興味があるとしたら、自分は絶対、人生の落伍者になると思っててみな。間違いないから。まず自分に必要なものに興味を持つ。それでそのことに賭けていくんだよ。自分のことよ〜く考えて分析してごらん。今自分に必要なものをやろうよ。



    ■選書コメント

    今週は日本一のお金持ちの斎藤一人さん特集です。

    本書『本調子』は一人さん御用達の「読書のすすめ」という本屋さんの店主清水克衛を中心に、読書について様々な方が思いをぶつけている一冊です。様々な方とは、斎藤一人さんをはじめ、『ユダヤ人大富豪の教え』の本田健さん、七田式の右脳開発や速読で有名な七田眞さん、『夢を実現する宝地図』の望月俊孝さんなど錚々たる面々です。

    各界でメンターとされている人々がどのように本とつきあっているのかを知ることができます。

    ちなみに本書はあまり書店でみかけたことがありません。たまたま何かで知って近くの書店に出かけ、「『本調子』ありますか?」と尋ねたところ、「えっ、本調子ですか?本の名前ですか」と、聞き返されました。そのとき「あ、昔懐かしのダジャレだ」と気づきました。本自体の在庫も少なく、店員さんにも聞きにくい一冊ですが、著者の面々に興味がある方は、貴重なテーマですので、ぜひお探しください。


    | 読書 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://gokaku.kyoin.com/trackback/451566
    英語力【手帳と仕事の名人】
    野口悠紀雄教授はもちろん、竹村健一さん、大前研一さん、もっと若い人でいえば、神田昌典さん、本田健...
    | 超整理手帳で手帳と仕事の名人に | 2007/01/07 12:43 AM |