RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
愛するということ
愛するということ (JUGEMレビュー »)
鈴木 晶, Erich Fromm, エーリッヒ・フロム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

教員ドットコム 教育関連おすすめレビュー


様々な方面で活躍されているメンターの方のお話を紹介していきます。

<< まず、ルールを破れ | main | さあ、才能に目覚めよう >>
強みを活かせ!
0
    ■今日のメンター
    ■強みを活かせ!
    ■ドナルド・O・クリフトン&ポーラ・ネルソン
    ■日本経済新聞社
    ■著者紹介
    クリフトン,ドナルド・O.
    ネブラスカ大学教授(教育心理学、Ph.D.)を経て、1969年にSRIを設立。大手企業や公立学校、大学、教会、政府機関、プロスポーツチームなどのコンサルティングを行う。1988年、ギャラップ・オーガニゼーションを買収し、SRIグループ会長に就任。現在は、ギャラップ・インターナショナル・リサーチ・アンド・エデュケーション・センター会長。アメリカ心理学協会員。

    ネルソン,ポーラ
    CNNビジネスニュースやNBC’s Today Showのコメンテーターとしてよく知られていると同時に、ベストセラー作家。なかでも“Joy of Money”は50万部を超えるベストセラーに。また、20代で3つの電子機器メーカーを共同設立するなど起業家でもある。ポーラ・ネルソン・グループを率いる。



    【1】 強みを研究しよう 


    成功するには独自のルールがあり、見事な成功を収めている人たちにはそれぞれ独自の世界観があります。われわれは市場調査をする場合、平均的な人の行動を規定することの方があまりにも多すぎます。そんなことではいくら調査をしてもすばらしい人のことがわからない。

    スーパーボウルで二度優勝経験のあるビンス・ロンバルディも次のことに気がついた。ゲームが終わったあとで自分たちがこだわるのは、ほとんどの場合失敗したプレーばかりだ、という事実です。ある日こう宣言した「たったいまからは勝利に結びついたプレーだけを再生してみることにする」

    自分が最も自信が持てるときはいつですか。それは成功した瞬間を思い出すときですか、それとも、うまくいかなかったことを思い出すときですか。自分の成功と自分の強みをはっきりと思い描いている人は、間違いなく強くなれるのです。


    【2】 強みとは

    強みとは、行動、思考、そして感情のパターンのことです。これによってわれわれは、非常に質の高い満足感や誇りを感じ、心理的そして金銭的な報酬を手にし、頂点に向かって大きく成長できるのです。そしてまた動機や活力をも生み出します。

    強みは、以下の方法を注意深く見守ることで見つけ出すことができます。意欲に耳を澄ますこと、充実感を見つけ出すこと、飲み込みの速さなどです。また、繰り返しになりますが、成功を研究することです。成功とはどんなものなのかを理解したとき初めて、その特性がわかるようになるのです。

    強みによって、弱点にわずさらわされて時間を浪費することをやめれ、生産性と実行力を数倍に高められる方法を身につけられる。強みが発揮できることであれば、どんなことでも実現できる。


    【3】 苦手なことにはこだわるな

    一般的な考えはこうです。弱点を克服できれば、その人は強くなる。要するに、もしすべての弱点が排除されれば、すべてが完璧になると思い込んでいるのです。なげかわしいことですが、この思い込みは正しくありません。もし弱点を克服したとしても、平均的な状態になるだけのことです。

    論文を書くことを考えてみましょう。もし、つづりや構文の間違いがすべて修正されたとして、その論文は「A」を取れるでしょうか。偉大な文章は思想の力です。校正は編集者がします。人が成長し、優秀になるためには、強みを徹底的に活かし、弱点にうまく対処すること以外に方法はありません。

    弱点は克服ではなく対処さえすればいいのです。そのことは強みの構築に決定的に重要なステップです。なぜなら、弱点はわれわれの時間とエネルギーを奪い取るからです。われわれは弱点に対処することで、自分の強みが弱点を押さえ込み、ついにはその影響を取り除けるようになるのです。


    【4】強みを活かすには

    強みはミッションを基礎にして最高の機能を発揮する。ミッションを持つことで、活力を生むことができます。ミッションは他利的であり、永遠の資質があります。ミッションステートメントを作成に当たっては「自分の強みに集中させてくれるようなもの」にすることです。

    少し時間を割いて、次の質問に対する答えを書いてください。
    「他の人間とは違った存在になると信じて実行していることは何ですか。言い換えれば、自分をつき動かしているものは何ですか」ここで話題にしているのは目標ではなくミッションです。

    ミッション以外にも、人間関係をしっかりとつなぐことや、期待をもつこと、成果に対しての祝福を実際の行為にするといったことがあります。これらは、眠ったままの潜在能力を活発に働く強みに変化させる「科学的触媒剤」だと考えています。強みに命を吹き込みます。



    ■選書コメント

    今週はマーカス・バッキンガム特集です。



    | マーカスバッキンガム | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://gokaku.kyoin.com/trackback/461886