RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
愛するということ
愛するということ (JUGEMレビュー »)
鈴木 晶, Erich Fromm, エーリッヒ・フロム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

教員ドットコム 教育関連おすすめレビュー


様々な方面で活躍されているメンターの方のお話を紹介していきます。

<< 速読法と記憶法 | main | 畑村式「わかる」技術 2 >>
畑村式「わかる」技術 1
0
    ■今週のメンター
    ■「わかる」技術
    ■畑村 洋太郎
    ■講談社現代新書
    ■著者紹介
    1941年、東京生まれ。東京大学工学部機械工学科修士課程修了。東京大学大学院工学系研究科教授を経て、工学院大学国際基礎工学科教授。東京大学名誉教授。専門は失敗学、創造的設計論。ナノ・マイクロ加工学、知能化加工学。2001年より畑村創造工学研究所を主宰。02年には特定非営利活動法人「失敗学会」を立ち上げ、初代会長に就任。

    【1】 「わかる」とはどういうことか

    私たちは、自分の周りで起きている事象と、自分の頭の中のテンプレート(型紙)とを無意識のうちに比較しています。そして、一致していることが見つかったときに、「わかる」と感じ、一致していることが見つけられないときに「わからない」と判断しています。

    たとえば、「リンゴがある」とわかるのは、過去の経験から、形や味、あるいは香りや触感などから「リンゴとはこういうものだ」という自分なりのテンプレートを持っているからです。

    ほとんどの人は、日常の自分の周りの事象を「わかっている」という感覚でとらえているはずです。それは、日々の繰り返しや、過去の経験から、私たちが、頭の中にテンプレートを持っているためです。
    | - | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://gokaku.kyoin.com/trackback/92979